レンズを買うのに、へんなこだわりはいらない

今日は、レンズを買うのに、へんなこだわりはいらない、
といった話をします。

レンズを買って転売するのに、
「新品じゃないと買わない」
「デジタルカメラ用じゃないと買わない」
といった人がいます。

このようなことを言ってると、いつまでたっても買えません。

新品じゃないと買わない人は、クレームの問題からは
逃れられますが、商売のキモである高い利益率を失い、
ライバルとの過当競争や相場の値崩れからは逃れられません。

デジタル用じゃないと買わない人は、多くの
仕入れチャンスを逃しています。

仕入れチャンスを逃すということは、やっていれば
売れていたはずの商品が回転していないということです。

もちろん、デジタルだっていっぱい商品がありますが、
デジタルカメラの歴史は20年、フィルムカメラの歴史は90年です。
歴史の分だけ、仕入れのチャンスがあるのです。

また、フィルムの中古レンズを求める人はいっぱいいます。
ですから、自分がほしくなくても、市場としては十分すぎるほど
成立してます。

こんなことは、アドバンスドサーチを使って、ちょっと
リサーチすればわかります。

『自分が使いたい』と思うのと、『使いたい人がいる』
というのは別の話です。

逆に、こだわるところは何かと言うと、利益です。

レンズ転売とは、
お金をレンズに変えて、レンズをお金に変える、
一連の流れのことです。

だから、『レンズを持っている』というのは一時的な話です。

財布をひらいたとき、昨日より札束が、『ガバッ!!』と
分厚くなっていることにこだわります。

お金儲けがしたければ、商品自体にはへんな感情をいれずに、
儲けることだけを考えましょう。

追伸:

・ブログより先に最新話が読めます
・イベントやサービスの告知があります
・すぐに解除できます