人間不要2

今日は、『人間不要2』という話をします。

分業化が進むと、わたしたちはどうなるか。
具体的に説明して行きます。

1.「君の代わりなんかいくらでもいるんだよ」と言われる。
2.カゼをひいても休めない

が、前回の話です。今回はこの続きです。

3.社長にさからえなくなる

レジ打ちの仕事がかんたんなのは、バーコードを「ピッ」とやるだけで、
レジ打ち終わり、だからです。

仕事がかんたんになるということは、『できる人が大量に生まれる』
ということです。

『できる人が大量にいる』という状態は、『社長は選びたい放題』
ということになります。

するとどうなるか?

社長のゴリ押しに対して、「御意(Gyoi)」しか言えなくなります。

「今月からはこれも担当してください」「御意」
「長時間労働できるよね?」「御意」
「チミ、手当てとかいらないよね?」「御意」

「戦争もなくて平和だなー」と思って毎日会社に通ってますが、
社員の下僕化は、今日も進化します。

4.暴動が起きる

たとえば、デジカメの修理を頼むと、今は中身をそっくり
入れ替えて完了です。
修理なんかしないんです。

じゃあ、トランジスタを1個1個修理する修理屋さんは
どこに行ったのか?

『失業』です。

分業が進むと、分業前の人は不要になります。
するとどうなるか。

失業した人は、別の仕事を探します。

労働者の供給が増えます。

「御意」が加速します。

会社が儲かります。

会社は儲かったお金でさらに機械化を進めます。

さらに労働者の立場はわるくなります。

1816年には、イギリスの農民が脱穀機を打ち壊し、
「パンか、血か」と書かれた旗を持って、練り歩きました。
(メシを食わせろ、さもなきゃ殺す)

1811年、イギリス政府が「機械破壊は死罪」と決めた
5年後のことです。

そうなる気持ちもわかると思います。

私たちから見ると、『機械は仕事を奪うもの』なのです。

しかし、

「脱穀機?おれは毎日パソコンを操ってるし、関係ないぜ」

っていう考えもあると思います。

マルクスはもうこの世にいませんが、次回は分業化によって
ホワイトカラーの人がどんな影響を受けるのか、
考えてみたいと思います。

楽しみにしててください。