新しくビジネスをはじめるのがこわいワケ

今日は、『新しくビジネスをはじめるのがこわいワケ』
というお話をします。

新しく何かをはじめるときって
本当にこわいですね。

とくにビジネスは、
最初にお金を出すので、
「損をするのがこわい!」
という感情が、まず来ます。

誰だってそうです。
私もこわかったです。

稼いでいる人も、「100%こわくない」
という人はいませんし、
当たり前の感情です。

世界屈指の投資家、ウォーレンバフェットさんも
「臆病は危機管理になるんだ」と言ってますが、
少し臆病なくらいの方が
資産を増やし続けられます。

では、この「こわい」と、どうつきあうか?

たとえば、人工知能を搭載したロボットは、
一見かしこそうに見えますが
実は、コーヒーカップのそばを歩けません。

なぜなら、歩いているときに、

「突然コーヒーカップが倒れて、
コーヒーがかかるかもしれない」

「=歩いてはならない」

と判断するからです。

「こわい」という感情に
支配されているとき
私たちは、ロボットみたいになります。

そういうときは、深呼吸して
一旦おちつくことです。

次に、コーヒーカップが倒れるのは
どのくらいの確率なのか、
具体的なパーセントをイメージします。

ガタガタした床に机があったら、
かなりの確率でコーヒーはこぼれますね。
40%くらいかな?

すると60%の確率で勝てます。

じゃあ、ちゃんとした床で、
机も新しかったらどうかな?
5%くらいかな?

すると95%の確率で勝てます。

ここまできて、勝負するかしないか
決めます。

どのくらいで勝負するかは、
あなた次第です。

しかしもし
「100%の勝率以外、何もしない」
というなら、それは人間の判断力を持たない
『人工無能ロボット』です。

情報発信

Posted by aida