最初に仕入れるレンズって

前回のあらすじです。


私が副業で10万円を達成したのは、カメラ転売をはじめて
半年後のことでした。
そこに至るまでに、2つほどの転機があったのでお伝えします。

ひとつ目の転機は、デジタル一眼本体からレンズに
変更したことです。
どうして路線変更したのかというと、レンズのほうが
かんたんで儲かるからです。

これからカメラをやってみたいのであれば、
まずはマニュアルの単焦点レンズをリサーチすることを
おすすめします。

これの補足ですが、最初は3000円以内で仕入れてください。
ヤフオクで買うなら、本体1000円の送料1000円みたいな感じです。
そんな安いので大丈夫なの!?と驚かれるかもしれません。

でもリサーチさえしておけば、こういうのでもトントンくらいでは
売れますし、もしかするといきなり数千円の利益が出ます。

ただ1個1000円のものを買うのに、いちいち送料を1000円払うのは
バカらしいので、カメラのキタムラのような
中古のカメラ屋さんに行ける人は直接行ったほうがいいです。
そこで何個かまとめて買います。

近所のキタムラは、現像コーナーしかないところもありますが、
都会のキタムラは、カメラやレンズがいっぱい売ってます。
東京だと新宿、大阪だと梅田ですね。

そこにはジャンクコーナーという、なぜかレンズがむき出しで
密集して置いてある、独特の雰囲気がただようコーナーがあります。

このコーナー、ジャンクコーナーなのに、かなり高い確率で
まともに動くレンズが売ってます。

あまり言いふらさないでほしいんですが、
1000円以下のレンズは本当にジャンクなやつもけっこうあります。
でも1500円~2000円前後で売ってるレンズは、だいたいまともです。
(こわれてるというより、不人気商品みたいな感じ)

実際にレンズを手にとって見ると、「Canon Lens FD 50mm 1:1.8」
みたいな感じで、モロに製品名が書いてあります。
だから、スマホさえ持ってれば、その場でリサーチできます。

リサーチするときは、「canon fd 50 1.8」で検索すると
気持ちよくやれます。

オークファンなどで売れた履歴を調べて、目の前の値札より高く
売れたことがあるなら買う、売れてなければ買いません。

長くなってきたので、もうひとつの転機の話は、また次回にします。

追伸:

暗黙の掟として、ジャンクコーナーでわからないこととかあっても
店員さんに質問しないようにしましょう。
きらわれますので。