立ち食いそばVS手打ちそば

今日は、『立ち食いそばVS手打ちそば』という話をします。

突然ですが、物の値段ってどうやって決まってますか?

「会田さん、そんなの社会の授業で習いましたよ。
『需要と供給』でしょ?
需要線と供給線がクロスしたところで、価格が決まってます」

ホントにそうですか?

たとえば、自動販売機の前で、

「おれはペットボトルの水は70円くらいが妥当だと思う」

ってブツブツ言いつづけてても、ただのあぶない人ですよね?

結局150円で買うしかないんです。

これって、供給側の言い値で買ってることになります。
需要と供給、クロスしてませんよね?

じゃあ、『ペットボトルは150円』という、相場みたいなものは
何で決まってるのでしょうか?

たとえば、立ち食いそばと、手打ちそばを
何も言わずに並べられて、「さあ、どっちがどっち??」
って言われて、外さずに答えられますか?

「会田さん、バカにしてんですか?
手打ちのほうがおいしいから、すぐわかりますって!」

「でも、小学校4年のさよちゃんが、アンパンマン見ながら
『手打ち』してるかもしれませんよ?」

「えーーーー!?!? うーーーーん。。。」

ちょっといじわるなこと言っちゃいましたけど、
立ち食いそば屋の『のれん』がかかってたら
「300円くらいかな」って思いながら入るし、
手打ちそば屋の『のれん』だと、「1000円くらい」
って思いながら入ります。

ここには、「作るのにどれだけの手間がかかったか」

というお客さんの予測が働いているのです。

水とオレンジジュースでは、原料の値段はちがうかも
しれませんが、工場でペットボトルを作る手間ひまは
同じです。

想像できますよね? だから150円なんです。

eBayでも同じです。

その日のうちに商品を輸出したり、商品の中に
『折り鶴』が入っていたりすると、お客さんが

“Ultra Fast Shipping!Pretty Origami :-)”

という良いフィードバックをくれます。

あなたの手間ひまが、お客さんの支払った価格より
上だからです。

この感覚で、身の回りのものを見てください。

『需要と供給』のまま、とまってた知識が
使える知識に進化するでしょう。

次回は、『わざとゆっくり作ったら売値が高くなるのか?』
という話をします。

楽しみにしててください。

追伸:

・ブログより先に最新話が読めます
・イベントやサービスの告知があります
・すぐに解除できます