2020年に全滅する職業リスト

今日は、『2020年に全滅する職業リスト』
という話をします。

先日、大物アフィリエイターさんと話をしてました。

その中で、「せどりの大御所が転売に危機感を持っている」
という話が印象的でした。
転売erは、2020年までにamazonに取り込まれていくことを
避けられない、と。

で、2020年までに全滅が危惧されてる職業がこちら。

その1
http://164s.net/wp-content/uploads/2014/03/mini1396088209.jpg

その2
http://164s.net/wp-content/uploads/2014/03/mini1396088221.jpg

IT化とグローバル化で、かなりの淘汰が進むというわけですね。

教師とかおもしろいですね。

私、40年生きてますが、『因数分解』とか『元素記号』とか、
知らなくても食べてこれました。
使ったのは、高学歴の子と「あるある話」で盛り上がるときくらい?

なので、使うかどうかわからないものを頭に詰め込むのに、
10代のスーパー可能性のある時間を投下するのは、
あまりにもリターンが低いと思います。

仮に、使う局面があったとしても、都度ググって勉強したほうが
使用効率が良いですしね。
義務教育より上の段階の教育って、特にそう思います。

なのでこれからは、義務教育が終わったら、
特殊なことばかり教えてくれる先生とかいたら
いいのになーって思います。

たとえば、テコンドー高校は、1時間目から5時間目まで、
全部テコンドーみたいな(笑)

中間管理職と専業主婦の全滅も興味深いです。

組織の合理化によって中間管理職が全滅すると、
旦那の甲斐性と関係なく、これから給料が上がらないわけです。
そうすると専業主婦は、連鎖倒産ならぬ、連鎖全滅しますね。

そうすると、結婚後女性の再進出がはじまります。

女性に甲斐性が出てくると、家庭内のパワーバランスが
女性有利になります。

そのとき男性の共感能力や家事育児参加実績によって、
旦那は家庭内リストラされるリスクが高まりますね。

私も離婚してよくわかりましたが、
なんせ離婚って、女性有利に作られてます。

しかも離婚カウンセラーによると、
女性は一度離婚を決めたら、
ほぼ説得不可能な傾向があるとのことなので、
そこまで決意させないように、
男性は普段から努力するというのが建設的です。

女性だって、うかうかしてられません。
離婚して旦那の身ぐるみをはがしてやろうと思っても、
所詮取れるパイは、旦那が持ってるものがすべてです。

追伸:

・ブログより先に最新話が読めます
・イベントやサービスの告知があります
・すぐに解除できます

情報発信

Posted by aida