在庫を持つのはリスクか

今日は、『在庫を持つのはリスクか』
という話をします。

結論から言うと、「人によってはリスク」
となります。

その境目は何かと言うと、
「正社員かどうか」です。

主婦の人は、「旦那が正社員かどうか」
という話です。

これは『人的資本』という考え方なのですが、
たとえば30歳で正社員で貯金が150万ある人を、
会社の時価総額のように考えると、
彼には、1〜2億円の価値(人的資本)があります。

つまり、健康で、給料を稼ぎ続けられるなら、
定年するまでには、それくらいの金額を
生み出すことができるからです。

それが40歳で貯金500万なら、若くない分
価値が減るでしょう。

さらに60歳で1000万の貯金なら、
もう定年で給料がもらえないので、
1000万プラス年金が、価値となります。

※人はそれぞれ、かけがえのないものなので、
単なる経済的な尺度だけで言ってます。

つまり上記の30歳の正社員が、
1000万を在庫に突っ込んだとしても、
人的資本の10分の1以下を
リスクにさらしているに過ぎません。

なので、老後の貯金や、将来の子供の学費の分で、
在庫を買うという考え方は、
人的資本のポートフォリオで考えると、
そんなにリスクは高くないです。

一方、自営業は、人的資本が見えにくいです。
人生が終わってみて、実は稼げていたのは、
1000万円かもしれないし、10億円かもしれません。

そんな中で1000万を在庫に突っ込んだら、
すべての人的資本が『リスク』になります。

私自身、在庫を持って商売するのが好きだし、
今のところはうまくいってるのですが、
もうサラリーマンではないし、そこまで自信家ではないので、
目いっぱいまで在庫を増やさないようにしてます。

まとめると、「サラリーマンで副業するぞ」とか、
旦那さんがサラリーマンで、
奥さんが「自営でやるぞ」という場合は、
かなりの在庫を持てます。

どこまで持っていいのかの判断基準は、
「在庫をどれくらいの期間で換金できるのか」
によります。

個人的な考えですが、
カメラは1年あればほとんど換金できるので
1年分の生活資金を残して、あとはカメラに
変えていったらよいと思います。

逆に自営なら、無在庫とか情報起業を
軸に考えるのが
リスク計算的には合理的だと思います。

追伸:

・ブログより先に最新話が読めます
・イベントやサービスの告知があります
・すぐに解除できます