物販が10とすると飲食は100

今日は、『物販が10とすると飲食は100』
という話をします。

地元のビジネス仲間で、忘年会してました。
普段忙しくて来られない人も交えて、
一年を振り返ってました。

そのうちの一人は、副業で物販をやっていて、
物販で儲けたお金で家を買いました。

元々、家は持ってたのですが、
奥さんのために、もう少し大きい家を
買ってあげたかったんだそうです。

それだけの金を稼ぐのに、
彼は特殊なコネとか使ってません。
いわゆる転売です。
しかも電脳なので、田舎でもできます。

それで、家が建つのです。

もうひとりは、物販で稼いだお金で
飲食店を経営しだしました(出資者として)。

飲食で、実際に店を出すのは、
かなりたいへんみたいです。
ざっくりいうと
「物販の10倍、たいへん」とのことです。

これで物販がなかったら、
「失敗できない」というプレッシャーが加わるので、
もっとたいへんだったと思います。

私も、物販だけしてるわけではありませんが、
他に何かはじめるときは、
物販が、金銭的・精神的に支えてくれてます。

なので、「今、何もしていない」
「毎月入ってくるものがない」と言う場合は、
まずは物販をやることをオススメします。

逆に、稼いでいる人が、ずっと同じことの繰り返しで
「そろそろちがうことがやりたい」
という話も聞きますが、それでも人に任せるなどして、
物販を続けた方がいいと思います。

追伸:

・ブログより先に最新話が読めます
・イベントやサービスの告知があります
・すぐに解除できます