マクドナルドは倒産するのか

今日は、『マクドナルドは倒産するのか』
という話をします。

マクドナルドは
このところ毎年
赤字を垂れ流しています。

2015年12月期の決算によれば、
292億円の赤字です。

赤字の原因をかんたんに言うと、
102円でハンバーガーを作って
100円で売ってるからです。

「じゃあ、さっそく倒産なんですか」
というと、そうでもないんですね。

自己資本比率は
前年比78.5%から66.2%まで下落してますが、
でもしぶとく生きてるわけです。

どうして生きてられるのかというと、
無借金経営体質すなわち
他人の財布をアテにせずにやってきたからです。

今後のマクドナルドが
どうなるかなんてわからないですよ。

でも日本のマクドナルドは
アメリカのマクドナルドの子会社なので、
サイアク、子分を非上場にして全部リストラすれば、
親分は生きつづけられます。

生き残ってさえいれば、
どうにでもできます。

生き残るためには、お金を貯めておくことです。
フクザツな金融工学やレバレッジは必要ありません。

そんなむずかしいことができるんだったら
手持ちのお金で何とかした方が
もっとかんたんだし、長生きできます。

なので、ときどき自分の財務体質を
振り返ってみることをオススメします。

すごくカンタンです。

自分の『借金』と『貯金』の比率を知るだけです。

稼ぐ系の話って、稼ぐことばかり話しますが、
貯金を増やすことも大切です。

貯金さえあれば、
一時的に稼ぎが減っても
当分耐えられます。

心の余裕があるので、
その間に勉強して、
冷静に次の手を打つことも可能です。

しかし貯金がなければ、
追い詰められて勉強する時間すら取れなくて、
口先だけの高額塾に入らされてしまって、
ますますドツボにはまります。

予測できる入金があるサラリーマンは
精神的に有利ですね。
どっしりかまえて、次の手を考えることができます。
貯金して、しっかり自己資本率を上昇させましょう。