幸せな負け犬はいない

今日は、『幸せな負け犬はいない』
という話をします。

どこかのフットボールの監督が言ってます。

「幸せな負け犬がいるなら連れて来い。
そうしたら、それが本当の負け犬だと教えてやる」

ビジネスと恋愛は似てて、
どちらも『結果がすべて』です。

たとえば、友達が告白してフラれた。

彼を見る限り、フラれてもあまり気にせず
日々を幸せに送ってるように見えるかもしれない。

でも本当のところ、好きな人から
拒絶されたことが、「つらくてたまらない」のです。

なのに、フラれても平気なフリをしている人は、
「自分にウソをついてる」のです。
家に帰って、いろんな気持ちを抱えて
泣いているのです。

負ければ誰だってくやしい!
「幸せな負け犬はいない」ということです。

ロバートキヨサキさんは言ってます。


1.負けるのが好きな人はいない。
負けは人が楽しみに心待ちにすることではない。

2.負けは勝ちにつながるべきものだ。

3.世の中には、「負けるのがつらい」という理由で、
すべての負けを避ける人がいる。

サラリーマンとして成熟するほど、
『負けを避ける』ようになります。

たとえば、新卒で、大手に入って、40過ぎて、
新入社員の2〜3倍も給料をもらってる人は
今さらMBAを取って独立に備えたりしません。

ゆっくりヨーロッパに旅行に行ったり、
新作のゲームをしたり、アイドルを追っかけたりします。

そして私は、こういう人と話をするのが
すごく苦痛です。つまらないのです。
話しかけられたら、すぐに聞こえないフリをして逃げます。

チャレンジして、負けてくやしがる人は、
『魅力』があります。
だから社会人になっても社外で友達ができるし、
結婚してても、モテます。

私はよく下町の銭湯に行って、湯船につかって
となりのおっさんと話します。

この前話した、背中に獅子の刺青の入ったおっさんは、
60くらいですが、
ハタチの子を口説いてたりします。

「わかってるよ、女房も大事なんだよ。
でもな、チクショウ、かっわいいんだよな〜!」

と言ってます。

「おいおい、ノロけやがってー」

と言いつつ、風呂上りに、彼女とした
LINEのやりとりを見せてくるのにつきあいました。

彼がハタチの子にフラれたら、
きっと奥さんの前で、シュンとするのでしょう。
(バカですよね)

まとめると、負けるのはくやしいこと。
かといって、チャレンジ自体を避けるのは、
ただの負け犬ですよって話です。

次回は、『恐怖を燃やし尽くす』
という話をします。

追伸:

・ブログより先に最新話が読めます
・イベントやサービスの告知があります
・すぐに解除できます