恐怖を燃やし尽くす

今日は、『恐怖を燃やし尽くす』
という話をします。

この話を読めば、
ビジネスをはじめると出てくる『恐怖』に
立ち向かえますし、良いコンサルや塾を
見分ける方法もわかります。

ロバートキヨサキさんが、
サーキット場で車を猛スピードで走らせる講習に
参加したときの話を抜粋します。


最初の三日間、車のスピードはどんどん上がり、
カーブの接近速度もどんどん速くなっていった。

そして、それにつれて、胃のあたりが締めつけられる感じも
どんどん強くなった。
超高速で学び、実行しなければならないことがたくさんあって
頭もいっぱいで、許容量を超えていた。

三日目の昼食時、私はとうとうインストラクターに、
なぜ「スピードをあげろ」といい続けるのか、その理由を聞いた。
ゆっくり運転して、スピードを上げる前に学ぶことを、
余裕を持ってしっかり学んだ方がいいと思っていたのだ。

インストラクターはにこりとして、こう言った。

「速く走ればスピードが『恐怖を燃やし尽くしてくれる』からですよ。
あなたの邪魔をしているのは恐怖です。
恐怖ににらまれると、あなたはスピードを落としてしまいます。

まだあなた自身じゃなくて、恐怖が車を運転してるんです。
だから、スピードをにらみ返して、
アクセルを思い切り踏みこむようにして欲しいんです」

一言で言うと、

「怖ければ、むしろアクセルを踏め」

ということです。

私が昔、峠を攻めていたとき、
仲間もいなくて、インストラクターもいなくて、
でもスピードの向こう側を見たくて、
文字通り「死ぬ気で」アクセルを踏んでいました。

これは、若気の至りでできただけです。
こんなこと言われても、したくもないだろうし、
「そんなのできないよ」という人が大半だと思います。

だから、アクセルを踏めた人に
見守ってもらって、
「もっとアクセルを踏め」と
叱咤激励してもらうんです。

良いコンサルや塾は、あなたに
「もっとアクセルを踏め」と言ってくれます。

手前味噌ですが、私の教材を学んで、

「カメラ屋さんに行けました!」
「はじめて仕入ができました!」
「2個仕入れて出品できました!」

という報告もいただいております。

教材では、おもしろかったり、楽しかったり、
いろんな感情のルートで、「アクセルを踏め」
というメッセージを組み込んでます。

まとめると、

「怖ければ、むしろアクセルを踏め」

です。

これさえできれば、お金は稼げます。

次回は、『分析麻痺』という病気
という話をします。

追伸:

・ブログより先に最新話が読めます
・イベントやサービスの告知があります
・すぐに解除できます