分析麻痺

今日は、『分析麻痺』という病気
という話をします。

女性と付き合ったことない人に

「どうやったら彼女ができますか?」

と聞かれたら、

「まず、売春宿にいきましょう」

と言います。

どうせ最初からうまくいきっこないのだから、
最初はお金を払ったほうがいいのです。

しかもアイドル顔で、肌がきめ細やかで
足首がキュッとしまってたりすると、
売春婦相手でもブルブルと緊張するので、
『グラマラス熟女一択』です。

ポテッとした、たるんだおばちゃんだったら、
べつに緊張もしないし、緊張してても、

「ぼくちゃんかわいいわねえ」

と言ってくれて、リードしてかわいがってくれます。

そうやって、実際に女を知ることで、
答えのない問いを頭に浮かべて、
また消して作り変える
というような無限ループから逃れられるのです。

ロバートキヨサキさんは言ってます。


プランはあって、完璧なビジネスを
頭の中や紙の上では作り上げているかもしれないが、
「分析麻痺」と言う名で知られる恐ろしい病気が
彼らにとりついている。

何かやってみて失敗するのが大事なのに
そうはしないで、「ただ失敗しないように」と
一生懸命に働く。こういう人は分析麻痺の世界に
はまり込んでいる。

どうせ、最初からうまくいきっこないのです。

私だって、今でこそカメラを教えたりしてますけど、
最初は4万円のカメラを買って、
3万円で売って、1万円の赤字を出してます。
(赤字になる理由もわかりませんでした)

よく伸びた教え子さんも、最初は買うだけ買って
ぜんぜん出品しなかったので、売上は0でした。

そんなもんなんです。

うまくいくときは、運が良すぎるか、
アクセルの踏み方が足らないのです。

ロバートキヨサキさんは、
高速ドライビングスクールを振り返って
こう言ってます。


ドライビングスクールのカリキュラムは、
速度を自分の限界まで上げながら、
運転中に「間違い」を犯すことに焦点を合わせていた。

高速運転中に間違いを犯し、それを正す能力が
高まるにつれ、私たちは自信をつけていった。

そして、最後の四日目、私は高速でひどい間違いを犯し、
カーブで車のコントロールを失ったが、
すぐにコントロールを取り戻し、
車をコースに戻して再び全速力でレースを続けることができた。

もしスクールの初日にそんなことをやろうとしたら、
病院送りになっていただろう。

つまり、モンモンしてるヒマがあったら、
実際にやってみて、さっさと失敗する必要が
あるのです。

そういう意味では、
ビジネスでの失敗は、『おたふく風邪』みたいなもんです。

はやいうちにやっておかないと、
大人になってこじらせます。

次回は、『損する恐怖』
という話をします。

追伸:

・ブログより先に最新話が読めます
・イベントやサービスの告知があります
・すぐに解除できます