ばかだと思われることに対する恐怖

今日は、『ばかだと思われることに対する恐怖』
という話をします。

人は、誰かにバカだと思われるのがイヤだから
間違えることをこわがるものです。

どうしてそう思うようになったかと言うと、
現在の学校のシステムが、バカだと思われることを
恐れるように、生徒たちに教えるからです。

なので、先生の言うことをよく聞いたり、
学校で優等生だったりする人ほど、
まちがいできないのです。

先週、香港の売春宿に行ったのですが、
どういうシステムか全くわからなかったので、
売春婦に聞いたら、日本語どころか
英語も通じず、広東語オンリーでした。

25分経過後、「Google翻訳を使えばいい」と気づいて、
辞書変換された彼女の言葉を見ると
「時間は30分だ」と書かれてました。

結局、金だけ払って何もできなかったわけですが、
リスクを恐れて行かないより
よくわかんないけど行った方がおもしろかったと思います。

これは極端な例でしたけど、
だからといって、何でもかんでもリスクを取ればいい
と言うものでもありません。

ロバートキヨサキさんは、リスクを取りすぎる弊害も
述べてます。


起業家にも自分の評判に気を配らなければならないときがある。
あまり間違いを犯しすぎると、その業界やビジネス界での
評判が本当に落ちてしまうこともあるからだ。

私の場合、エロい面を強調するリスクを取りすぎて、
女性からの支持が壊滅的ですので、こういうのはわるい例です。

ようはバランスです。

リスクを取りすぎてもダメだし、取らなさすぎても
ダメだということです。

いきなりリスクを取りすぎる人は少数だと思うので、
まずは少しずつ、リスクを取ることに慣れていきましょう
ということです。

次回は、『私がなぜカメラの規模を拡大しないのか』
というお話をしたいと思います。

追伸:

・ブログより先に最新話が読めます
・イベントやサービスの告知があります
・すぐに解除できます