仕入れ同行行ってきました

今日は、『仕入れ同行行ってきました』
という話をします。

最近入った教え子さんと『仕入れ同行』に行ってきました。

仕入れ同行というのは、いっしょに
カメラ屋さんに行って、私が目利きを発動して
儲かる商品を横流しするサービスです。

この日は、品揃えが良かったこともあり、
15万以上の見込み利益が出てしまいました。

半日働いただけで『15万円の利益』です。
(月給ではないです、日給)

「ウソつけ、そんなに儲かる商品が落ちてるわけがない」

落ちてます。
儲かる商品だらけなんです。

実際は落ちてるのだけど、
「見えてるか見えてないか」のちがいだけなんです。

ドラゴンボール、知ってます?

『スカウター』っていう戦闘力を測る道具があって、
それをスーパーサイヤ人に使ったら、

「みるみる戦闘力が上がってゆく!」

っていうのが数値で「見えます」。

だから、

「べジータと戦ったら殺戮される!逃げろ!」

という判断ができるのです。

見えてないと、
「なんかー、金髪で半裸の男が空を飛んでいるー」
としか、わからないのです。

だから、「パシュッ」と一瞬で消されるのです。

余談ですが、どうしてオレンジの(亀)の服は
すぐにボロボロになって吹き飛ぶのに、
下の服は吹き飛ばないのでしょうか…

それはともかく、『目利きできる』というのは、
『スカウターを装着してる』ことです。

その日はたまたま、
先輩の教え子さんたちもいっしょにいたのですが、
彼らもスカウターを「装着してます」。

だから、彼らは私に頼ることなく、
見つけたお宝を回収していってました。

スカウターを装着してる人にとっては、目の前に
お金が落ちているのも同然です。

だから、

「おっしゃー、今日は仕入するぞー」

というのは、

「さーて、今日も現金を拾いに行くぞー」

と同義語なのです。

スカウターを装着する最短距離は、
『仕入れ同行に参加すること』です。

その扉は、『うつぶせebayカメラ輸出』に
参加することによって開かれます。

うつぶせebayカメラ輸出

一度、『見える』という現実を知ってしまうと、
もう見えない世界には戻れないのです。

追伸:

・ブログより先に最新話が読めます
・イベントやサービスの告知があります
・すぐに解除できます