レンズを捨てました

今日は、『レンズを捨てました』
という話をします。

ネットでレンズを買ったら、
すごいカビのレンズが来ました。

こういったときの対応は確立してて、
教材とかコンサルで、
対応方法をシェアしてます。

で、今回は対応方法がキレイにハマり、
全額返金してもらいました。

そして手元に残ったのは、
カビだらけのレンズ。

3秒くらい考えて、
『燃えないゴミ』として捨てました。

以前は、

「なんとかして、カビを除去できないかなー」

とか、

「カビありで1円スタートしたら
どれくらいの利益が出るかなー」

とか、考えてました。

でも今は、販売のコストに見合うかどうか判断して、
見合わなければ、即捨てます。

『捨てる』と言うと、「もったいない」という
気持ちがどうしてもよぎります。

そりゃあ、捨てるのはもったいないですよ。

うちの母親は、スーパーでもらった緑の輪ゴムを
ものすごく大量に
冷蔵庫のマグネットフックにかけてます。
(そんなに使わないので、増える一方です)

私も、前日わりばしでご飯を食べたあと、
次の日の朝、上下をひっくり返して、
コーヒーをかき混ぜるマドラーとして
使ってから捨てます。

正直、捨てたくない気持ちだらけです。

なので、「カメラは結果優先」とルールを決めて、
ロボットの顔をして、
「ルールだから捨てる」ってことにしてます。

このように、「ビジネスのときだけは○○する」
というルールをあらかじめ作っておくと、
いざというとき、
へんな感情を入れずに決断することができて便利です。