出会いの決定権は100%女性のもの

今日は『出会いの決定権は100%女性のもの』
という話をします。

プライベートの友人が
「相席居酒屋に行きたい」と言うので
仕方なく行ってました。

相手の女性は二人で、ふたりともロリタイプで、
左が『ツンツンロリ』で、右が『おっとりロリ』です。

おっとりロリは、確実に友人に矢印が向いてました。
(けっこう露骨に)

しかしドリンクバーで男子作戦会議をした結果、
友人は、ツンツンロリが気に入ってるようでした。

「おっとりロリは、デートするのもイヤか?」

と聞くと、

「(おっとりロリと)、デートくらいはできるけど、
それよりツンツンロリをなんとかしたい」

と言うのです。

そのあと彼は、露骨に、ツンツンロリに
アポを取ろうとトークするのですが、
思いっきり拒否られてました。

アポトークがあんまりにもしつこいんで、

「そろそろ、おれたちも行こう」

と言って、強制的に席を立とうとしたとき、
ツンツンロリに、

「そう。君は、わかってる」

と言われました。

出会いの場では、100%
女性が先に進める決定権を持ってます。

「いやいや、流される子もいるじゃん!」

これは、『男子が強引だったから』という
体裁に女性が乗っかってるだけで、
実はその前段階で、女性による、
『OK or NG』が判定されてます。

女子は、本当にムリな男子には、流されませんし、
そもそもそんなスキは作りませんし、
ここを強行突破しようとすると、もれなく
『恋のA-to-Zクレーム』がオープンしてしまいます。

だから、男子が

「おれはあの子をねらうぜ」

とか言うのは勝手ですが、
女子が「うん」と言わないかぎり、何も進みません。

なんでこんな話をしたのかと言うと、
商売とナ○パは同じだからです。

男子を『セラー』に、
女子を『バイヤー』に置き換えてください。

セラーが、価格差のあるものばかり並べて

「どうだ!」

って言って少しして、

「どうして売れないんだ…?」

と首をかしげる前に、やることがあるという話です。