ipadが充電できない

今日は『ipadが充電できない』
という話をします。

ある日、iPadを充電しようとしたら、
「このアクセサリは使用できません」
と言われて充電できなくなりました。

「100均で買った充電ケーブルが良くないのかな」

と思って、ipad買ったときについてた
白いケーブルを引っ張り出して使ってみたら
またもや充電できないのです。

たぶん、断線したみたいです。

海外とか行くとき
雑に詰め込んで持って行ってるので、
グルグル巻きすぎて断線したんでしょう。

「そういえば、なんで100均の充電ケーブルは
使えなくなったんだろう?」

と思って調べてみたら、
最新のiOSは、ケーブルを判別するプログラムが組み込まれてて
純正じゃないと充電できないしくみになってました。

でも純正ケーブルは、色が白いからイヤです。

あと、値段が高い。
なのに、すぐ断線するので使いたくない。

で、いろいろ調べてたら、
別に純正じゃなくてもいいみたいですね。

『MFI認証』ってのがあって(Made for iphoneの略ですが)、
appleからお墨付きをもらったケーブルだと、
純正じゃなくても『正規品』と認められて、
ちゃんと充電できるみたいです。

なので、レビューとか参考にしながら
これを買いました。

すぐ届いて、さっそく充電してますが
ふつうに充電できてます。

これって当たり前なことなのですが、
当たり前なことが
数日ほどできなくて困ってたので
感動しました。

ケーブルの素材もメッシュで、
ラックオーディオのケーブルっぽくて、
グニャグニャしてるのに
断線しにくい感じです。

もし断線しても、永久保証制度があるので、
安心です。

そして、『MFI認証』というしくみを知ったとき
スティーブジョブス後のappleを
興味深く感じました。

おそらくケーブル作ってる会社は
MFI認証用のICチップをケーブルに埋め込んだ上で、
appleに上納金を納めて
やっとこさ、『MFI認証』をもらうはずです。

つまりappleは、「うむ、よきにはからえ」
というだけで、ケーブルの売上の一部が
ザクザク流れ込んでくるビジネスの仕組みを作ってる
ということです。

スティーブジョブスの遺産を
うまくマネタイズしてますね。

商売は、ライバルと競ってるうちはまだまだで、
いかにして自分の商売で
appleみたいに巧妙なことをやれるのか、
考えたやつがえらいと言うことです。