使えない外注はクビにするべきか

今日は『使えない外注はクビにするべきか』
という話をします。

うちの天才受注リーダーさんが、自分の考えを
言ってきました。

「メンバーさんがキャパオーバーしてますよ」

すぐにチャットワークの流れを追うと、
確かにメンバーさんが回ってません。

トラブル対応方法を動画でカンペキに解説!

してるはずなのに、見てない…
→自己流でやる
→被害拡大
→どうにもならなくなる

という感じで、見事にハマってます…

「どうするかな…」と少し考えて、
どうしたかというと、
彼女に10分ほどの音声で、お便りをしました。

何を言うわけではないですが、

「僕たちはチームなんだから、
何でも抱え込まずにいっしょにやっていこうね」

みたいなことを話しました。

そしたらなぜか、彼女からも
音声でお返事が返ってきて、

「やさしい声で、抱えてた気持ちがラクになった。
ちゃんと動画見ますからね」

と言ってくれました。

興味深かったのは、正しいかどうかじゃなくて
私の声のトーンや、口調で、
聞く気になってくれてたことです。

正しいことは、ときに、
何の力も持たないことがあります。

私たちはどうしても、
正しいかどうかばかり見てしまって、
『正しくないことをする人は使えない』
みたいな判断をしてしまいがちです。

だけどそれは、単に伝わってないだけで、
伝え方を変えたら伝わることもあるかもよ
ってことです。

まとめると、「使えない外注はクビ!」
と言う前に、いろんな言葉で話しかけてみましょう、
という話です。

追伸:

・ブログより先に最新話が読めます
・イベントやサービスの告知があります
・すぐに解除できます