小さくテストする

今日は『小さくテストする』
という話をします。

トップセラーとご飯食べてました。

「会田さんは、そうやって
トップセラーから稼ぐノウハウを盗んでるんですか?」

いいえ。

私は、自分のビジネスに行き詰まりを感じてないので、
今は儲かる情報とか欲してないです。

「じゃあ、会う意味あんのか」と言うと
もちろんあります。

トップセラーの話を注意深く聞くことは、
自分では考えもつかない思考回路を知ることであり、
彼女の生き様に共感することは、
ふたり分の人生を生きているようで、トクなのです。

で、話してて気づいたのですが、
その人の頭は今、ひとつのことでかなり占有されてるのです。

つまり、今持ってるかなりのポジションをどうやって
片付けようかということ。

私だって、FXで地獄を見たので
少しだけわかるんですね。

毎日毎日、値動きを見てため息をついての繰り返しで
精神衛生が良くないし、吐きそうになりますし、
他のいろんなことがおろそかになります。

どうしてそんなことになるのかというと、
『小さくテストしないから』です

『マーケットの魔術師』だったかな、
デモトレードで確実に勝てるディールを
何ヶ月も何ヵ月も連続でやれるようになって
はじめて実トレードした人の話があったと思います。

でも、どうしても成功してまとまったお金があると、
「ダン!」とやっちゃうんです。

だから、「おれにはドバッと突っ込む金もない…」

という人は、逆にラッキーです。

どんなに大きいことがしたくても
小さくするしかないからです。

そうやって試したテストの結果、
小さいながらもどうやっても損しない形さえできれば、
あとはコツコツ再投資してたら、ちゃんと複利で増えます。
(私にとってはカメラがそうでした)

複利をなめてはいけません。
時間を味方につけると、おそろしい力がおきます。
ほんの30万円の自己資金が、何百万にも膨れましたから…

逆に、時間を敵にするのが借金です。

つまり、増える方にお金をかけると、もっと増えるし、
減る方にお金をかけると、あっという間になくなる
ということです。

まとめると、新しく何かはじめるときは
小さく小さくテストしましょう、という話です。