諸行無常

今日は『諸行無常』
という話をします。

この前、コンサルの卒業生と会いました。
彼女は、私がはじめて教えた子で、
会うのは、10ヶ月ぶりくらいです。

どうしてそんなに連絡がなかったのかと言うと、
コンサル卒業のとき、彼女は「カメラで月30万稼ぐ」
を誓ったのに達成できなくて、くやしくて、
以後、私に合わせる顔がなかったそうです。

でも、今はバイマで月50万達成したので、
「そろそろ私と会ってもいい」と思ってくれたみたいです。

そこには、自分のストーリーがあって、
自らのプライドをかけた戦いがあります。

そこには「誰がいくら稼いでる」とか関係なくて、
自らに課したストーリーを完結すること自体に
価値があるんです。

彼女は、こう言ってくれました。

「はじめてネットビジネスを教えてくれたのが
会田さんで良かった」

こういうのはうれしいです。

「卒業後も、彼女は、心の中で対話してたんだな」
と、わかるからです。

当時は、「こいつ、言うこときかねえな」と思いながら
ガミガミ言ってました。
でも、ちゃんと残ってたんですね。

彼女は、セラーとしても成長しているけど、
人間としても、かなり成長してると感じ、
認識を新たにしました。

人は、変わります。

だから、もしあなたが、今、稼げてなかったとしても
恥じる必要は一切ないです。

私自身、すごい稼いでる人を目にして
自分の中でへんなヒエラルキーを作って、
平伏して、「ハハァー」と頭を下げてました。

でも、そんな自分はまちがってることに
気づきました。

だってそんなものは、コロコロ変わるからです。

「だったら、稼いでも意味ないじゃないですか」

そんなことはないと思います。
お金儲けも『諸行無常』じゃないかと思ってます。

「おいおい、会田さん。
仏教でもやってるんですか?」

私は、きちんとしたことを言うのがうまくないので、
松下幸之助さんの言葉を引用させていただきます。


その昔、お釈迦さまは、『諸行無常』
ということを説かれました。

この教えは、一般には『世ははかないものだ』
という意に解釈されているようです。

そこには深い意味はあるとは思いますが、
そのような解釈をすることによって、現世を否定するようになり、
生きるはり合いをなくしてしまうようであれば、
これはお互いの益にならないでしょう。

私はそのように解釈するよりもむしろ、『諸行』とは
『万物』ということであり、『無常』とは『流転』
というようにも考えられますから、『諸行無常』とは、
すなわち『万物流転』であり、『生成発展』ということであると
解釈したらどうかと思うのです。

いいかえますとお釈迦さまは、「日に新たでなければならないぞ」、
ということを教えられたのだということです。

追伸:

・ブログより先に最新話が読めます
・イベントやサービスの告知があります
・すぐに解除できます