ハイエナのように稼ぐ方法

今日は、『ハイエナのように稼ぐ方法』
という話をします。

あなたは「ハイエナのように稼ぐ」と聞いてどう思いますか?

「えぐいな」
「死肉でもあさるのかな」

たぶん誰も話さないとおもうので、好感度ゼロの私が、
ウシジマくんのようなエグい話をしようと思います。

教え子さんがこの前、月収20万を達成したのですが、
「次は30万ほしい」と言ってるんですね。

「なんで?」と聞くと、
「今もらってる給料がそんなもんだから」と言うんです。

給料とは別に、カメラで月収30万…

1個売って5000円とか1万円の利益です。
1日1個か2個売れば、達成できます。
はっきりいって、どうやっても過労死できません。

なのに、
「1ヶ月汗水たらして得られるお金と同額をねらいたい」
とか、真面目な顔して言うんです。
「なんか狂ってるよな」と思いました。

じゃあ、なぜ教え子さんが狂ったようにカメラを買うのか。
教祖の会田が命じたからか?
これは宗教なのか?

めんどうなので、「宗教」ということでいいですけど、
かんたんに言うと、「カメラを買う」と言うのは、
「暴落した株を買ってるのと同じ」なんです。

暴落して暴落して、底値になったのを拾って、
まだ暴落してない市場に流してるだけなんです。

底値なので、損するわけがないのです。
なのに底値を買えないのは、「人の不幸を喜んではいけません」
と学校で教えられるからです。
だから、いつまでたってもまとまったお金が稼げないのです。

この呪縛を解くのに良い教材があります。

「マネーショート」という映画です。
南国さんに教えてもらいました。ぜひ見てほしいです。
ブラッドピットも、ヒゲ面のおじいちゃん役で出てます。
2015年の作品なので、DVDでレンタルできます。

「ショート」と言うのは、「売り」のことです。
(「ロング」が買い)

クズ住宅ローンを寄せ集めて、それにすごく良い評価をつけて、
銀行がそのローンを売りまくって、ウッハッハしてたのですが、
「銀行のやってることは詐欺行為!」と見抜いた人たちが、
住宅ローンが暴落するほうに、全財産はたいて賭けたのです。

それがサブプライム問題。

あとはあなたもご存知だと思いますが、結局は
銀行の詐欺行為がみんなにバレて、
リーマンショックが起きました。

「まさか銀行が詐欺するわけ無いだろ」と信じてた多くの人が
経済的な不幸に見舞われ、詐欺行為を見抜いた人だけは、
人の不幸で大儲けしました。

「金を稼ぐ」と言うのは、こういうことです。

右の画面を見て、左の画面を見て、「価格差がある」
というのばかり追ってると、永久にamazonの歯車です。

抜け出したいなら、その価格差から「本質」を
見る必要があります。

たとえば、売りが「ショート」と呼ばれるのは、短い時間で
値段が下がるからです。

つまり効率よく価格差を拾って儲けるには、
テクノロジーの進歩でオワコンになってしまった斜陽産業に
注目していくと良いのです。

カメラのキタムラが129店舗閉鎖。

私はこのニュースを聞き、
「そのカメラがどこに流れていくのか」を考えると、
今からニヤニヤがとまりません。