棺おけに入りなさい

今日は、『棺おけに入りなさい』
という話をしたいと思います。

この前、奥まさかつさんと話してて、

「会田さんて、精神的ノマドっぽいよね」とか、
「会田さんの話って癒し系だよね」

という感じで、ずいぶん褒めていただきました。
(かなり照れました)

逆に、それなりに稼いでて情報発信する人は
『マウンティング』してくる人もいるそうです。

マウンティング!?

私は『マウンティング』という単語を
知りませんでした。

マウンティングとは、言葉や態度などによって
「自分の優位性」を誇示することを表す言葉だそうです。

なかなか興味深い言葉ですが、心理的には
「ディスカウント」(値引き)と呼ばれる行為です。
つまり、読者さんの存在価値を「自分より低いもの」
と見なして、心の安心を得るというしくみです。

そこには、発信者の「根深い恐れ」を感じます。

「このまま売り上げをあげつづけられるのだろうか」
「新規参入者に抜かされるのではないだろうか」
「おれから月収を取ったら、何が残るのだろうか」

だから、稼げてない人をボッコボコになじって、
「はやく俺みたいにならないとね~(まあ、お前にはムリだろうけど)」
と威張り散らすのです。わかりやすいですよね。

「お前はカローラだけど、おれはベンツだぜ」というのは、
すごくわかりやすい精神的自慰行為なわけです。

しかし自慰行為は自慰行為でしかなく、自慰行為をしすぎたら
ウツになるのと同じで、マウンティングしすぎたら、
パッションが消えます。
パッションのないビジネスマンは、ガス欠の車と同じです。

本当に安心したかったら、「棺おけ」に入るのが、いいです。
(じいちゃんに教えてもらいました)

棺おけは6尺(約2メートル×50センチ×50センチ)です。
そこには、自分の体以外に何が入りますか?
フェラーリですか?マンションですか?子分ですか?

何も入んないですよね。

そりゃあ、「フェラーリのキー」とか、「土地の権利書」とかなら
入るでしょうけど、だから、何だっていうんですか。
ぼくたちは、フルチンで生まれて、
フルチンで死んでいくんです。

死んだら骨だけ。焼けたら終わり。
だから、残せるものを残したらいいんです。
だから私は、こうやって書いてます。

「私は文章がかけないのですが…」

何も残さなくていいんです。

たとえば親から受けたトラウマを、誰にも与えずに
やさしく死んでいくのも意味があると思います。
負の連鎖を自分の代で完全に断ち切る、
これも立派なことです。

「棺おけとか入る機会がないのですが…」

シャワーを頭から被りつづけたら、棺おけ。
高速バスとか、LCCのエコノミーとか、棺おけ。
電波の届かない山奥とか、棺おけ。

棺おけに入ると、本当の安らぎが見えてきます。