ゆとり時代のゆとり人間

今日は、『ゆとり時代のゆとり人間』という話を
しようと思います。

「モンスターハンター」というゲームがあって、
みんなで協力して
強力なモンスターを倒すゲームなのですが、
実はベテランほど、やさしいのです。

顔も知らない新人くんのリクエストに
無償で付き合ってあげたり、
手柄を譲ったりする傾向が強いのです。

ゆとりがあると、やさしくなれます。

アニキや南国さんがやさしいのは、
経済的なゆとりも関係してると思います。

もちろん、ふたりの成功に比べると、
私の成功なんて、小さなものです。

でも、たとえば自転車で歩道を走っていて、
向こうから、ワンちゃんとか、おばあちゃんが
歩いてくると、完全に停車して、
相手が通り過ぎるまで待つようになりました。

おばあちゃんに「ありがとう」と言われると、
「どういたしまして」と答えます。

ワンちゃんは何も言いませんけど、
ワンちゃんの立場になれば、
自分より大きい自転車が停まってたほうが
安心できるに決まってます。

そういうことを思うとき、
「お金を持ってよかったな」
と思います。

でも、お金を持ってなかった頃は、
そんな気持ちがわかりませんでした。

「はやく稼いで、俺みたいになれよ~」
とかいうやつは、
「はやく破産して、俺以下になれよ」
と思ってました。

つまり、ゆとりがなかったのです。
むしろ、ガツガツしてました。

「思考は現実化するのかな」と思って、
ノートに、「月収100万円」とか、「年収1000万」とか、
人に見せたら引くぐらい、たくさん書いてました。
異常なほど、「大台」の金額にこだわってました。

たとえるなら、中学生が、女学生のパンツを
見ることに必死になるような執着心です。

だから、エックスの二乗とかどうでもよくて、
とにかくただ、女子のパンツが見たくて、
女子のパンツが見たいマンなんです。
だから、女性をエスコートすることは不可能です。

でも、中学生はそういうもんだと思います。

やがて中学生は恋を知り、
彼女にすべてを捧げてもらって
愛を知り、世界に対してやさしくなれるのです。

つまり、ゆとりがジェントルマンを生むのです。

お金も同じです。

稼げてないときは、とにかくお金がほしいですよね?
それでいいんです。
自分に正直になって
ガツガツしてたほうがいいです。

逆に、自分が満足するほど稼げてないのに、
「おれは、お金とか、興味ありませんから」
みたいな抑圧をすると、
いろいろとこじらせます。

まとめると、お金を持つと得られるのは「ゆとり」。
ゆとりを感じられない間は、ガツガツして
求めたいものを求めましょう、という話です。