妻は無料の労働力

今日は、『妻は無料の労働力』
という話をしようと思います。

「嫁さんにビジネスを手伝ってもらいたい」

という話を、ときどき聞きます。

結婚生活に失敗した私に言われても、
困っちゃうんですけど、

「おれが家に帰ってもずっと働いてるのに、
嫁はゴロゴロ。許せない」

からだと思います。

誤解を恐れずに言いますが、
『妻は無料の労働力』だから、
遊ばせておくのはもったいない、
というわけですね。

でも、この考えはうまくいきません。
女性をナメすぎなのです。

旦那さんが副業で「ビジネスをやるぞ!」
と決めて、セミナーに通ったり、
教材を買ったりするのですが、頭の中では、
実務を嫁にやらせる前提で組み立ててます。

嫁さんは、気づいてるかもしれませんが、
何も言いません。

別に賛成しているわけではなくて、
「ガンコジジイに言ってもムダ」
と思ってます。

しらけた雰囲気を出してる嫁を見て、
夫がますます、何でもかんでもひとりで決めて、
「おれが決めないと、あいつは何もできないな!」
と妻を見下します。

すると嫁さんはますます、
ゴロゴロストライキをするのです。

なんか、不幸ですよね。

逆に、二人三脚でビジネスをやってる夫婦は、
そもそも旦那さんが、奥さんを大切に扱ってます。
奥さんは、普段からそういうことを感じているので、
対等の立場でビジョンを共有しようとしてくれます。

だから、発生した利益をきちんと留保して、
子供を育てるのと同じように、
ビジネスを大きく育てることに協力してくれる、
というわけです。

まとめると、嫁さんは無料の労働力ではありません。
ビジネスに協力してほしいなら、
せめて上から目線はやめましょう、という話です。

追伸:

・ブログより先に最新話が読めます
・イベントやサービスの告知があります
・すぐに解除できます