やる気はどこから来るのか

今日は、『やる気はどこから来るのか』という話を
したいと思います。

南国さんが仮想通貨を買いました。
「仮想通貨は取引市場が安定してから取り組む」
とおっしゃってたので、けっこうビビりました。

南国さん曰く、

「よくわからないものには手を付けないと決めていたのですが
どうやらこれはのっからなあかんっぽいですね
今回の教訓は目新しい革新的なものにはとりあえず
お遊び程度にでものっておくようにするということでした」

とのことです。

南国さんの言ってることは
私が日ごろから言ってる
「小さくテストする」のマインドセットと似てます。

もちろん、

「おれは時流に流されない」

という考えもあります。
自分もそういうところありますし。
それに、新しいことをするのはおっくうです。

でもそういうのもやっておかないと、
遅かれ早かれ退場を余儀なくされます。

その理由ですが、
言いにくい領域かもしれませんけど、
私は言います。

ネットビジネスはかんたんに儲かります。

私も5年くらいしてますが、
その経験からも、そう言えます。

しかし逆を言えば、「かんたんに儲からなくなる
状況になりえる」と言うことです。

つまり、ネットビジネスは良い方向にも
わるい方向にもかんたんに転がりやすい
というわけですね。

だから、現状がうまくいってないなら
どんどんチャレンジするべきだし、
うまくいっててもできるだけいろんなことに
チャレンジすることをおススメします。

それにしても、
その「やる気」はどこから来るのか。

そもそもやる気は毎日、少しだけ出てくるのですが、
ちょっとしたこと、たとえばストレスなどで
かんたんに消えてなくなるものだと、
私は思ってます。

しかし背水の陣で自分にプレッシャーをかけたら
ムリヤリ出せるものでもあります。
ただしその場合、しばらくしたら燃え尽きるという
特徴もあります。

前者は中長期的なやる気の性質、
後者は短期的なやる気の性質といえます。

なので、最初は崖っぷちでがんばって
現状が変わりはじめたら、ストレスを取り除いて得た
やる気を使うと、習慣的に新しいことに
チャレンジしていけるというわけです。

たとえば、テレビもネットも
友達の誘いも断って、カメラを売ります。
そして月10万円の利益を達成します。

そのあとは、部屋を片付けたり、
会社のへんな飲み会の誘いを断ったり、
静かなところに引っ越したりして、
やる気を溜めていくわけですね。

まとめると、習慣的に新しいことにチャレンジしましょう。
そのためには、やる気が必要です。
やる気を溜めるために、普段からストレスの少ない環境に
なるよう工夫しましょう、という話です。

追伸:

・ブログより先に最新話が読めます
・イベントやサービスの告知があります
・すぐに解除できます