他人の何を理解すればうまくいくのか

今日は、「他人の何を理解すればうまくいくのか」
という話をしたいと思います。

フランクリン・コヴィーさんの「7つの習慣」では
「インサイド・アウト」っていう考え方が紹介されてます。

インサイド・アウトをかんたんに言うと、
「自分のことを理解してもらうことより先に
相手を理解しましょうね」
ってことです。

「まあ、そうだよね」って感じですけど、
具体的に相手の何を理解すればいいのか
わかりませんよね。

現時点の私の個人的な解釈では、

「人は、『自分が一番かわいくて、
次に自分の好きなものがかわいい、
そしてそれ以外は興味ない』
ってことを理解しなさいよ」ってことだと思ってます。

たとえば、

「私はアフリカの難民を救いたい!」

と大声で叫ぶ人がいたら、あなたはどんな風に感じますか?

「偽善者!?それかいい人アピール?」
「誰かに洗脳されてるのかな」
「親身になってくれる家族とか友達がいないのかな」

って思ったりしませんか?

妙な疑いが頭をかすめてしまうと、
スッと尊敬のレバーが動きませんよね。

じゃあ、これならどうです?

「私は人工授精で生まれました。

両親は高齢で自然妊娠できなかったため、
私は高度生殖医療センターから紹介された代理母
(コーヒー農園で働くエチオピア人のおかあさん)
の子宮で育ったそうです

だから私の血肉は66%は日本人ですが、
33%はエチオピア人なんです。

高校2年の夏、一度だけエチオピアのおかあさんに
会うことを許されました。
しかしおかあさんは骸骨のようにやせこけており、
髄膜炎の後遺症で、ほとんど耳が聴こえないようでした。

通訳さんの話によると、エチオピアはコーヒー大国ですけど、
いまだに輸出に至る搾取がひどくて、おかあさんは
還暦を過ぎても毎日農園に行かないと食べていけないし、
病気だとわかっていてもずっと病院に行けないのです。

だから私は、エチオピアのお母さんを救いたい!」

どうです?
さっきより入ってこないですか?

もう一回言いますよ

人は「自分が一番かわいくて、
次に自分の好きなものがかわいい、
そしてそれ以外は興味ない」

なんかしっくりきませんか?

では、誰かと仲良くしたいなら
どうしたらいいのでしょう。

・彼(彼女)の好きなものは何かいろいろ聞いてみよう
・彼(彼女)自身をもっとリサーチしよう

って考えるのが自然ですよね。

これ、お金儲けにもつながるんですよ。

「彼(彼女)=お客さん」で置き換えます。

すると、

・お客さんの好きなものは何かいろいろ聞いてみよう
・お客さん自身をもっとリサーチしよう

となります。

そしてお客さんが
「あー、この人はおれのことをわかってくれてる、
信じられる」って感じたら、財布をガバッと開いて、
あなたの口座にそっと入金します。

これは商売の自然な流れです。

しかし逆の流れだとどうなるか。

「お客さんがとりあえずお金をくれる」

「あー、このお客さんいい人、
私はこの人のことをもっと知りたい」

これだったら苦労はないですけど、
いくら願ってもこれは現実にはありえない。

つまり、現実としてお金を手にしたければ、
自分のお金のことよりお客さんのことを考えるのが先、
お客さんのことばっかり考えてたら、
やっぱりお金が増えてしまう、ってことになります。

追伸:

・ブログより先に最新話が読めます
・イベントやサービスの告知があります
・すぐに解除できます