TOKIOの山口さん書類送検

今日は、「TOKIOの山口さん書類送検」
という話をしたいと思います。

南国さん、このニュースに真っ先に反応してました。
まるで、地震の前に逃げ出すネズミのような感性でした。

「おれはタレントじゃないから関係ない」

もちろん関係ないと思います。

しかし朝7:38分の埼京線で、たまたま右手の中指が
チェックのミニスカートに擦れただけで
一発でこういう世界にアクセスするのです。

つまりこれって、がんばって立身出世しても
一回でもへんなことしたら
永久に食い扶持を奪われるってことです。

仮に冤罪だったとしても
元には戻してくれません。

他には、市橋容疑者の両親もそうです。

息子がとんでもない重罪を犯しました。
でも成人してるから親は関係ないです。
なのに両親ともお医者さんを廃業してます。
そう、世間は許してくれないのです。

彼らが一生懸命、医学用語を覚えた日々は
何だったのでしょう。

つまり、どんなにまっとうに生きていても
誰にでも起こりうることで
ふつうのサラリーマンも同じなのです。

何か変なことをしたら「一発で懲戒免職」です。
そして退職理由の欄に、変なチェックが打刻されます。

泣く泣く転職しても、そういうのが理由で
理不尽に面接を落とされてしまう日々となります。
いったんそうなってしまうと、まともな仕事に就けなくなります。

すると、ワケありの人専門のキツイ仕事ばかりになりますし、
焦燥感がひどくなって、経済的にも追い詰められてきます。

家族だってそうです。
もちろん「愛はお金じゃない」と思いますが、
いざとなると、女性はシビアです。

そして「人生GAMEOVER」となります。
ファミコンにはリセットボタンがありますが、
人生にはリセットボタンがありません。
なので、死ぬまで「GAMEOVER」が画面に表示され続けます。

つまり、「大きくなったら何になりたい?」に
不動のランクインしてるやつとか、結婚したい男性の
職業ランキング5位以内を目指す宗教にすがりすぎると
不測の事態でレールから外れたときに、いきなり人生詰みます。

そういうときに、プラットフォームの
良いアカウントを持ってると、
「別人格の社会的信用」として使うことができます。

もし何かの間違いで自分が書類送検されても、
身内が犯罪者になっても
たとえばebayアカウントがTRS(トップセラー)だったら
世間的には干されても、最低限の仕事は続けられます。

だから、いきなり収入が途絶えにくいです。
だから、いろんな尊厳が保てます。

なので、いざそういうことになってから、
「不用品を売ってアカウントの評価を貯めましょう」
とか状況的にムリなので、何もないときから
「別人格の社会的信用」を積み立てておくといいです。

追伸:

・ブログより先に最新話が読めます
・イベントやサービスの告知があります
・すぐに解除できます