為替が変動したときにすること

今日は「為替が変動したときにすること」
という話をしたいと思います。

2018年は110円近辺で推移していたドル円ですが、
2019年年始には一時104円を抜けました。
年末年始の薄商いがねらわれたところもありますが、
10年ぶりの変動幅ということで、FX板は地獄絵図です。

「カメラは大丈夫ですか」

為替の分、値上げすればいいだけです。
別に大したことではありません。

カメラは「現物取引」なので
FXのようにレバレッジをかけてるわけではありません。
ロスカットも追証もありませんので
売れるまでじっくり待てばいいのです。

「でも商品の回転率が…」

「回転率」とか言うと経営指標を扱ってる感じがして
カッコいいですけど、
ようは、「値下げして在庫を吐いちゃおう」
ってことですね。

そういった「弱気」をバイヤーに見透かされるから
さらにへんなBestOfferを受けざるを得なくなって
買い叩かれるわけですね。

もちろん、あまりにも相場とかけ離れてるなら
価格調整したほうがいいと思いますが、
相場程度なら、高めでも売れるときは売れるし、
売れんときは売れんよって感じです。

なので、販売価格でバイヤーをコントロールしようとするより、
実は自分自身の支出をコントロールするほうが
かんたんだし、うまくいきます。

たとえば、私のおススメは
共同浴場の近くに引っ越すことです。

「ユニットバスじゃなくてセパレートがいい」
とか、お風呂の制約で家賃を下げられない
ことは多いですが、共同浴場ありきでお部屋探しすれば、
思い切ってガツンとお家賃を下げられます。

いろんな国のホテルに泊まればわかりますが、
東横INNクラスのホテルだと、だいたいバスがなくて
シャワーのみです。

もちろん文化の違いもあるとは思いますが、
狭い部屋に足を延ばして浸かれるバスを求めるあまり、
1~2万の家賃高を受け入れるというのは
合理的ではないように思います。

「銭湯とか昭和かよ…」

今の共同浴場は広くて衛生的ですし、たくさんのお湯を
処理する関係上、カルキも抜けてて肌トラブルも減ります。
いつでもいい温度だし、シャワーも使い放題です。

「入浴料がかかるし…」

逆に、1回数百円もらってお風呂掃除とかやりたいですか。
排水溝のフタ開けてヌメリとか取るのたいへんですし…
「お風呂メンテナンスのアウトソース」と考えれば
十分安いと思います。

ほかには車を手放すことも良いです。
駐車場選びを手放すと、お部屋選びの選択肢が増えるので
お家賃を下げられます。
どうしても車が必要ならカーシェアリングを使うといいです。

「デートや会食などのステータスを求められるときは」

タクシーです。
「使い慣れてる感」がステータスにもつながりますし、
会食目的だと経費を切りやすいです。

「水や棚などの重い買い物…」

ネットで(以下略)

「ハンドルを握ると俺の魂が駆り立てられて」

PS4のグランツーリスモを買うか、
天気の良い日にロードスターをレンタルするのはどうでしょう。

今は昔より経済格差がある分、「世間の目」という
共通物差しが通用しなくなってます。
なので、思い切った支出のコントロールをするかどうかは
自分次第なのかもしれませんね。

追伸:

・ブログより先に最新話が読めます
・イベントやサービスの告知があります
・すぐに解除できます