田舎暮らしは本当に楽しいか?

今日は、『田舎暮らしは本当に楽しいか?』
というお話をします。

近年、『スローライフ』といって、
『田舎に暮らすのがかっこいい』みたいな
風潮があります。

ネットで稼げるようになったら、
会社に影響されないので、好きなところに
住むことができます。

私は、『ザ・古墳』って感じの田舎に住んでます。
なんとか食べていってます。

じゃあ、実際に田舎に住むのは良いものなのか?

田舎暮らしをしてる100人のアンケートから
『主にイヤだったこと』を紹介します。

1.家族が付いてこない

「薪ストーブ」とか、「ログハウス」とかに、
憧れて、「早く田舎に行きたい!」って
なってるのに、家族は、「虫とかキモい」
「不便はイヤ」といって、ついてこない

でも言いだしっぺなので、
「おれもイヤになってきた。。。」とは言えず、
友達もいないところで巨大な虫と格闘、一家離散。

2.実は安らげない

朝の6時からチャイムを連打されて、
「誰か死んだのか!?」と思ってしぶしぶ出ると、
近所の人が回覧板を渡しに来ただけ。
しかたなくお茶を出したら、昼まで入りびたり

都会の喧騒とか、しがらみからのがれたくて
田舎に来たのに、人間関係のストレスが激増。

3.思ったよりお金がかかる

野菜はたしかに安いが、日用品が殿様価格に。
店同士の競合がないので、ティッシュの価格は3倍。

しかも車社会で、ガソリン代がかかる上、
「駅まで送ってあげるよ」「じゃあ、今度は私が」の
近所づきあいが無限ループに。。。

これ読んで、どう思いました?

「なんか、田舎暮らしとかイヤになってきた。。。」

でも芸能人の、シャ乱Qのまこと夫妻は、富士の樹海に
豪邸を建てて、究極のスローライフを楽しんでますね。

どうして奥さんが富士の樹海まで連れ添ってくれるのか?

もちろん本当の気持ちは知りませんよ。
でも、『十分な資産があるから』奥さんがついて行けるのです。

お金は、かなり大切。

自分のスタイルを貫こうとすれば、
お金はないより、あったほうが良いのです。

情報発信

Posted by aida