稼ぐノウハウ

月末になると銀行残高がなくなるのは当たり前

投稿日:

今日は、『月末になると銀行残高がなくなるのは当たり前』
という話をします。

前回は、サラリーマン契約とは「安定収入をかなえる代わりに
すべての時間を差し出せ」という『悪魔の契約』ですよ、
という話をしました。

つまり給料というのは、会社がすべての時間を取り上げて
月割りで割ったものをあなたに支払ってるわけです。

「会田さん、そんなこと言っても拘束は8時間でしょ?
あと16時間は自由ですよ。趣味とかできてるし」

わかりました。その16時間の説明をしましょう。

ズバリ、その16時間とは『スマホの充電時間』です。

スマホは毎日寝る前にコンセントに挿して充電するから、
次の日、朝から便利なのです。

しかし充電を忘れると、どうなりますか?
ただの文鎮(ぶんちん)です。サイアクです。

だから「機械わかんなーい」とか、ぶっこいてる女子でも
スマホの充電だけは死んでも忘れないのです。

「え?何の話ですか?」

ところで、あなたが支払う電気代ですが、充電したときだけ
電気のメーターがグルグルまわって、「今月は○ワット使いました」
と電力会社に言われて、電気代を払います。

もし充電してないときも電気のメーターがずっとグルグルまわってて、
「今月は○ワット使いました」と言われたら、どうしますか?

言われるがまま、電気代払いますか?

むしろ、暴動おこしますよね?

それと同じで、給料として会社があなたに払うのは、
『次の日使いたおすのに必要な分』だけです。

『スマホ充電女子=会社』

『スマホ=あなた』

『電気代=給料』

つながりました?
(わかんなかったら、上からもう一回読んでみてください)

16時間充電する(アパートで寝る、通勤する、子供を育てる)
便利なスマホを8時間使い倒す
16時間充電する
便利なスマホを8時間使い倒す。。。

月末になって銀行残高がなくなると、「この1ヶ月何をやってたの?」
と落ち込む人がいます。

しかしそもそも会社があなたに払ってるのは、
『明日の分を充電するのに必要な分のみ』なので、
月末になると銀行残高がなくなるのは、会社にとっては
『計算どおり』なのです。
次回は、『ユーキャン転落人生』という話をします。

楽しみにしててください。

追伸:

150年も前にマルクスは、経済学者アダムスミスの言葉を
引用してます。

「労働者の賃金はただの人間として生きていくこと、つまり、
家畜並みの生存に見合う最低線に抑えられている」と。

日本は豊かな国になりました。
あなたは豊かになりましたか?

年次があがったり、役職がつくと給料が上がってうれしくなりますが、
子供を育てたり、人付き合いで飲みに行く回数が増えたり、
ストレス解消のためにアマゾンでポチる回数が増えてるから
増えてるだけです。

結局、『給料増=労働コスト増=残らない』というわけです。
(それでも残る人は、ガマンしすぎです)

Sponsored Link(楽天)


Sponsored Link(楽天)


-稼ぐノウハウ

Copyright© あいだけん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.