稼ぐノウハウ

今年の抱負は語らない

投稿日:

今日は、『今年の抱負は語らない』
という話をします。

教え子さんと、
年末年始のやりとりしてますが、
「成果を出して(会田さんに)報告したい」
というフレーズが目につきます。

「あっはぁ〜、成果出ない。会田さんのバカ」

とは、ならないようです(興味深いです)。

もちろん成果が出ないと、
ケッションケチョンに言いますよ。

正直言うと、
私は、教え子さんをいじめるのが
趣味だからしているだけで、
私自身は、成果を意識してません。

人の成果なんて、なおさらです。

「私は、今年中に年商1億いきます!」
「私は、今年中に情報発信して塾をやります!」
「私は、今年中に結婚します!」

ふーん。

右の耳に入って
そのまますぅ〜と、左の耳に抜けてます。

まず、「○○するべき」で
自分を追い込むのが好きじゃないです。

成果にこだわると
効率のわるいことはスポイルすることになるのが
イヤです。

例えば、へんなカメラの
知らないボタンの意味を調べても
別に、お金にはならないですよ。

でもそのとき、
「なぜ設計者はそこに配置したのか」を
自分なりに考えておくと
人に何かを話すときに、浮かぶんですよね。

つまり、タスクのついでに寄り道することで、
回りまわって、いつかどこかで役に立つ
って感じで考えてます。

このように、効率軽視のタスクを
最大365回楽しむことが
私の今年の抱負です。

あ、そうそう。
会社で抱負を語るときは、
「がんばりたい気持ち」を発表したくなりません?

ホンネでがんばりたいのは、
「本業」より「副業」だと思いますが、
口では「副業」だといってなくても、
熱く語ると、「あいつ、副業だ」と伝わります。

そうすると、要らぬ嫉妬を生む可能性があります。

どうしても言いたければ、
物販仲間の新年会とかで言うといいでしょう。

かといって、ゴルフとかマラソンの話をすると、
「お前、今年の抱負で言ってたよな」とかで、
休日にへんな誘いが来て、断りきれず、
副業の時間が減ります。

なので、どうでもいいようなパッションを
表現したらいいと思います。
ウケるけど、嫉妬を生まないので。

たとえば、と言われても、
パッとは思いつきませんけど...

今年こそ、そばの手打ちを極めて、、
渓流に野生のわさびも獲りに行きます!

みたいなので、よいと思います。

Sponsored Link(楽天)


Sponsored Link(楽天)


-稼ぐノウハウ

Copyright© あいだけん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.