稼ぐノウハウ

転売業=海賊業

投稿日:

今日は、『転売業=海賊業』
という話をします。

独立するのはカンタンです。

嫁さんがご飯を余分に作って、
旦那さんがお店で接客したら
小さな総菜屋さんがスタートします。

手に職があれば、
これもまたカンタンです。

たとえば、小学三年生のおかあちゃんが
昔やった留学経験を生かして
学校帰りの子供に
英語教室を開くこともできます。

もうひとつ、カンタンなのがあります。

金持ち父さんが『競争的な起業家』と
呼んでるものです。

以下、金持ち父さんの言葉を引用です。

---
競争的な起業家というのは、
いいアイディアを見つけたらそれをまねして、
もともとそのアイディアを思いついた起業家と
競争する起業家だ
---

もともとそのアイディアを思いついた起業家が
Amazonだとすると、
Amazon転売でメシ食ってる人のかなりの部分が
『競争する起業家』ですよね。

つまり、『Amazon公認の海賊行為』にあたります。

しかし、そもそもやってることが海賊行為なんだから、
セラーがAmazon様の無理難題に逆キレするのは、
トンチンカンで、おかしな話なのです。

「なんだ、Amazonセラーにケンカを売ってるのか?」

と思われるかもしれませんが、
言いたいのはそこではありません。

『まねる』というのは、かんたんだし、
リスクも少ないのですが、
そこを選んだら、ずっと競争し続けなきゃいけない、
ということです。

そこから逃れるには、
「自分だけの価値を作って提供すること」です。

そこを忘れたら、
今ある商材のノウハウを食いつぶして、
飽和してきたら、次の商材に移ることしか
できなくなります。

商売としては、不安定すぎます。

単純転売だけやってたら、先は長くないので、
独立して、ずっと食っていきたかったら、
猿マネばかりではなくて、
自分なりに工夫しましょうってことです。

次回は、『独立することは
サラリーマンより格が上になることか』
という話をします。

Sponsored Link(楽天)


Sponsored Link(楽天)


-稼ぐノウハウ

Copyright© あいだけん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.