海外旅行

マカオの良かったところ

投稿日:

「この前、マカオ行ってきたよ」と言うと、
「どういうところが良かったですか?」
と聞かれるので、今日は、
『マカオの良かったところ』というお話をします。

1.香港と近い

フェリーで1時間でいけます。
24時間運行だし、ナイトスポットも充実してるし、
仕事帰りに、「ちょっと飲みに行くか」程度の
かるい感覚で、香港からマカオに行けます。

香港とは別の国なので、パスポートは要りますが、
出入国はけっこう簡略化されてて、
パスポートにハンコも押されないです。

運賃は2000円ちょい(1HK$=15円換算)

ちなみに、フェリーの名前は
『ターボジェット』という名前なのですが、
中国語で『噴射飛航』とデカデカと書いてます。

で、いっしょに行ったアニキは、
「飛航!?この船は飛ぶのか?」とウケてました。

2.ポルトガルっぽい

香港=中国+イギリス、だとすると、
マカオ=中国+ポルトガル、です。

看板が、中国語 or ポルトガル語なので、
意味がわかりません。

「じゃあ、何が良いんだよ?」

ってなりますが、
ポルトガルっぽい料理がすごくおいしいです!

骨付き肉の煮込みはトロトロです。
具を食べたあと、肉汁のたっぷり染み込んだ
ハヤシライスみたいなスープを
パンに浸して食べると、やばかったです。

そぼろ肉は、日本みたいに甘辛くなくて
焼き目の苦味が少しあって、
細かく砕いたステーキを食べてるみたいです。
これを半熟卵と混ぜて、ごはんといっしょに食べます。

「もう食えん」というくらい
たらふく食べて、飲んで、3000円ちょい。
日本の居酒屋並みです。

3.こわい

マカオには、『マカオタワー』というのがあります。
338mなので、東京タワーくらいの高さですね。

私は、東京タワーも、スカイツリーも、通天閣も
行ったことあります。

私は水族館オタクなので、東京タワーは、
『東京タワー水族館』という変態性の高い水族館を
抱えている点で興味深いですが、
それ以外は、「ふーん」って感じでした。

でも「マカオタワーは別格だ」と思いました。

マカオタワーは、展望タワーというより、
アクティビティ・タワーです。

展望コーナーの床のかなりの部分を
大胆にスケルトンにしてるので、
ふつうに1周歩くだけでこわいです。

窓の外は、手すり無しのむき出しの通路があって、
女子大生が、踵(かかと)のうしろ半分を通路からはみ出し、
上からのハーネスをピンと張って、落下しそうな格好で
ピースしながら写メ撮ってて、カオスです。

しかも、大きな液晶テレビがあって、
誰かがバンジーするところがリアルタイムで
中継されてます。

で、人が飛ぶときは、みんなが集まって、
スマホを出して、シャッターチャンスをねらってます。

で、飛んだらみんな、「ギャー」とか「ワー」とか、
みんなへんなテンションになってて、お祭り騒ぎです。

で、1000円くらい払ったら、
VIPルームに案内されて、そういった下々の活動を
見ながら、グビグビとコーヒーが飲めます。

4.そして、こわい

マカオといえば、カジノです。
カジノは合法なので、見た目はハデなゲーセンぽくて
刺青の人が出てくる感じではないです。

ただし調子に乗って撮影とかすると、おこられます。

掛け金は、1ゲーム5000円からです。
一瞬で万札が溶けます。
遊びでやる分にはよいと思います。

5.こわくない

マカオは、『買う』も合法で、
一言で言うと、『男のディズニーランド』です。

ディズニーランドって、金かかりますけど、
きちんと夢の世界にいけますよね。

マカオは、ちゃんと『ディズニーランド』です。

逆に日本だと、臭いものにフタをするから、
アンダーグラウンド臭が漂うのだと思います。

まとめると、マカオは『飲む・打つ・買う』が
高いレベルでそろってるので、男なら、
一度はマカオ行った方がよいと思います。

Sponsored Link(楽天)


Sponsored Link(楽天)


-海外旅行

Copyright© あいだけん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.