稼ぐノウハウ

もろはのつるぎ

投稿日:

今日は『もろはのつるぎ』
という話をします。

お客さんと、まとまった金額の買取りの話をしてたのですが、
「いくらで買い取ってほしいですか?」と聞くと
先方から、ほとんど利益が出ない買取額を
提示されました。

ちょっと吐きそうになって、アニキに相談すると、

「初回の取引できちんと利益をいただいてるんだから、
私なら、『今回は顧客サービス』だと思って
そのまま引き取ります」

というアドバイスをいただきました。

私はこれを聞いて、「やっぱりアニキはすごい」
と思ったし、自分の商売人としての未熟さを
恥ずかしく思いました。

ラクしてお金持ちになりたかったら、
アニキの考えが一番近回りなんです。

目の前の現金にしがみついてると、
「買取金額が高すぎてボランティア」
という側面ばかり見てしまいます。

しかし「お客さんの言い値で買う」というのは、
『価値』を提供してるんです。

これって最強の営業行為で、
『価値』さえ提供できれば、また次の取引が生まれますし、
次のお客さんを紹介してくれる可能性もあります。

そうやって取引を何回も循環させて、
そのうちの何回かで利益を出すチャンスが生まれます。

逆に、買い叩くか、買取自体を拒否することで、
今後、相手から全くお呼びがかからないのは、
つまらないことです。

これって、
「結局、トータルではどちらが儲かりますか?」って話です。

「そんなので悩むより、どんどん次のお客さんを
見つけたらいいじゃない?」

だったら、『次のお客さん』を見つけるのが上手なところ、
たとえばamazonに身をゆだねることで、
「どれだけの消耗戦を強いられるのですか」って話です。

amazonの新規販売力は、とてもすごいです。
でも、痛みも伴います。
ドラクエでいうところの、
『もろはのつるぎ』みたいなもんだと思います。

斬っても斬っても、新しい敵が出てくる
修羅の世界です。

ファイティングスピリッツのない私は、
逆のことを考えます。

たとえば、『卸仕入れでFBA。上流』というより、
ママチャリで毎月、近所のおじいちゃんを訪問して、
「おじいちゃん、何か困ってることない?」って聞いて、
ふつうにamazonで買って渡します。

まとめると、『現金』よりも『価値』に注目すると
苦しい戦いをせずに済むし、ブルーオーシャンが見えてくるし、
トータルで儲かりますよ、という話です。

Sponsored Link(楽天)


Sponsored Link(楽天)


-稼ぐノウハウ

Copyright© あいだけん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.