稼ぐノウハウ

なぜクレクレ君は嫌われるのか

投稿日:

今日は、「なぜクレクレ君は嫌われるのか」という話を
したいと思います。

あなたの周りでも、『ウザい人』いますよね。

そういう人を思い浮かべながら読むと、
「はっはーん」と気づくことがあります。
(ただし、この話はナイショです)

仮に、その人を「ウサギ君」にしましょうか。

結論だけ言うと、ウサギ君が嫌われるのは、
「奪う」からです。

たとえば、ウサギ君が本を買います。
あなたは本屋さんだとします。
あなたは本を渡します。1000円です。

彼が1000円払わずに逃げたら、どうします?
追いかけます?

まあ、追いかけたとして、ウサギ君が、ウサギ並みに
走るのはやくて、捕まえられなかったとします。

次にウサギ君がはじめての顔をして、またあなたのところに
「本をくれ」と言ってきたら、どう思います?

「しばいたろか」って思いますよね。
本、売らないですよね。

「なんだと?おれは客だ!」

こんなの、客じゃないですよね。

こうやってウサギ君は、首をかしげながら
いろんな本屋さんを回っているのです。

なんか、かわいそうになってきましたけど、ようは、
「本の代わりに1000円渡すから、あなたとの次がある」
ということが、ウサギ君にはわかってないのです。

『関係とは、価値と価値の交換』です。

たとえば街を歩いていて、タダでティッシュをくれるのはなぜか。

ティッシュ代を出してる人は、ティッシュの裏に書いてる番号に
電話してきて欲しいのです。

つまり、ティッシュ配りは人助けでやってるのではなくて、
「ティッシュ」と「営業をかけさしてください」を交換してます。
(通行人が望んでも望まなくても)ティッシュ配りと通行人の関係が
続くのは、価値と価値の交換ができているからです。

価値と価値の交換は、ビジネス以外でもあります。

「社会人になると、学生時代のような友達ができない」

こういうのも、いっしょだと思います。

学生時代は、『友達と自分の関係』です。
つまり、つぶせる時間をつぶし合う関係です。

でも社会人になると、『会社と自分の関係』になります。
自分の時間を給料と交換することを覚えるので、
「ヒマじゃない」ってことで、学生時代のアプローチで
友達を作れなくなります。

じゃあ、社会人になって友達を作るにはどうすれば良いのか。
「相手が求めていることを与えること」です。
まず、仲良くなりたい人が何を求めているか聞けると、
友達になる道筋が見えてきます。

それができないと、異業種交流会に行って、名刺を
配りまくっても、すぐに関係をブロックされます。

まわりを見渡すと、世の中は「価値と価値の交換」でいっぱいです。
「これとこれはそうかな?」という目で見てみると、
いろいろとおもしろいです。

まとめると、クレクレ君が嫌われるのは、価値を
『交換』しようとしないからです。
逆に、価値を交換することを意識すれば、
いろんな関係が続きやすい、ということです。

Sponsored Link(楽天)


Sponsored Link(楽天)


-稼ぐノウハウ

Copyright© あいだけん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.