稼ぐノウハウ

好きこそ物の上手なれ

投稿日:

今日は「好きこそ物の上手なれ」
という話をしたいと思います。

南国さんとファミレスにいたのですが、
昨今のネット物販の激変ぶりについて話してました。
すると南国さんが言います。

「ぼくはずっと同じことやってるけどね」

私は南国さんを「野菜が食べられない人」とか
「活字が読めない人」とかのラベルを貼って
かわいく愛でてますけど、同じビジネスを
やり続けてるところはすごく尊敬してます。

天才とは「やり続ける人」のことである
https://logmi.jp/302889

「そりゃあ、南国さんの年商が億だからでしょ」

それもありますが、それだけではないです。

他には、今は稼げてない教え子がいますが、
彼は「聖戦の系譜」というゲームが好きで、
ずっとやってます。

なんか同じチームの仲間同士で結婚させて
良い組み合わせの夫婦からは
優秀な子供ができるしくみで、
最強の血統を持つ子供たちで強い敵を倒すゲームです。

彼は何周もやりこんでるので、最強の系譜を
完ぺきに暗譜できてます。
常人には理解できない謎めいたパッションですが
私は彼のこういうところにある種の才能を感じます。

他にも、元教え子さんのひとりは
今でもカメラ屋さんで仕入れしてるのを目撃されてます。
彼が私から卒業してかなり経ってますけど
同じことをやり続けてマネタイズし続けてるわけです。

これらには、共通することがあります。
それは「好きなことをしてる」ってことです。

南国さんは実務は嫌ってますけど、
従業員さんたちといっしょに何かするのが
とても好きなんです。

教え子さんも、そもそもダービースタリオンのような
育成の要素の入ったゲーム全般が大好きです。

元教え子さんはどんなに泥臭くても
大きくドローダウンしないタイプの投資に惹かれます。

そう、好きなことをやり続けるから結果が出るのです。

ネット物販を一言でいうと、
「好きこそ物の上手なれ」です。

一見、「手を動かせー」とか「根性!」とかの
イメージはあります。
そこは目につきやすいですからね。

でもネット物販は本質的にはかなりの知識労働だと
私は思います。

仮に「1」のものをお客さんに「1.2」で
買ってもらうには、その商品が「1.2」であることを
きちんと納得してもらう必要があります。

その「プラス0.2分」を説明できるのが
「業界の知識」です。
そういうのは好きじゃないと見えてこないものです。

逆に好きじゃないと、どんなに出品ページを
こねくり回しても「1」のものは「1」にしか書けません。
だから利益率が低いままなのです。
だから商売が続かないのです。

別の元教え子の子は、カメラだと月収20万がせいぜい
というところでしたけど、
今はバイマをやって、月50万とか平気でいきます。
やっぱり彼女はカメラよりアパレルが好きなんです。

教え子ケンはカメラというか、そもそも
商品撮影の時点でかなり嫌がってるのですが
私のことが好きだから、継続して成果を出してくれてます。

好きなことってすごいんです。
無から有が生まれます。
すごいパワーを持ってます。

逆に、儲かるかどうかでしかビジネスを見ないのは
一般的に不細工な女性とは一切口を利かない男性と同じです。
人が何と言おうと、自分が「かわいい」と思ったら
どんなに不細工と評されても愛でればいいじゃないか。

好きなものは好きなんだー!!!

まずはときめくかどうかで判断して、
好きなことにフォーカスしてのめり込むことです。
そういうところからお金は勝手に生まれます。

Sponsored Link(楽天)


Sponsored Link(楽天)


-稼ぐノウハウ

Copyright© あいだけん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.