未分類

一貫性のワナからの解放

投稿日:

今日は、『一貫性のワナからの解放』をお話します。

自分の言葉、信念、態度、行為に一貫性を持たせることで
いろんなメリットがあるのですが、
そこを他人に操られると、不利益をこうむります。

たとえば、あなたが車の運転中、
リッターあたりで5円安いガソリンスタンドの看板を
見つけたとします。

そこで「カチ、カチ」と方向指示器を出して
ガソリンスタンドに入り、
給油ポンプのノズルを手にしたとき、
「看板より5円高くなってる」ことに気づきます。

そこであなたはバイトの人に

「看板と値段がちがってるよ」

と言うと、

「数日前に値段が変わったのですが、
看板を訂正する時間がなかったものですから。。。」
などと、ゴニョゴニョ言い出しました。

「クソー、だまされた!」

こんなときどうすれば、
後悔のない決断ができるでしょうか。

この問題を解決するために有効な方法はこうです。

「もしガソリンの本当の値段を知ったままで
時間をさかのぼることができたなら、
もう一度同じ選択をするだろうか?」

と自問自答することです。

大事なので、もう一度言います。

トリックを使われたときは、

「もし○○を知ったままで
時間をさかのぼることができたなら、
もう一度同じ選択をするだろうか?」

と自問自答してください。

今回の場合だと、
こんな答えが返ってくるかもしれません。

「いや、しないね。方向指示器も出さずに
ガソリンスタンドを素通りしてただろう」

そう、それが、『答え』なのです。

しかし、こんな心の声が聞こえてくるかもしれません。

「えー、そんなこと言っても
もうノズルまで握っているのだから、
別なところに行って同じ値段を払うよりも、
ここでガソリンを入れてしまったほうが。。。」

しかし、別なところに行って同じ値段を払う面倒を
やらないほうが、『心の中の面倒が増える』のです。

つまり、自分の中の一貫性に、
特別ルールを作ることになるので、
『感情面・精神面で労力が増える』のです。

それが、給油したあとの
心の中のモヤモヤの正体です。

自分の心の声に従うことが、
『一貫性のワナからの解放』につながります。

次回は、『社会的証明』です。

バラエティ番組の要所要所で入る、
「ハハハハハ」という作り笑いの録音笑い声、
何か違和感ありませんでした?

なのに何度も何度も流され続けているのはなぜか。
そして、いつの間にか慣れてしまっている私たちに
どのような『洗脳』が行われているのか。

こういったナゾについてお話します。

Sponsored Link(楽天)


Sponsored Link(楽天)


-未分類

Copyright© あいだけん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.