未分類

気まぐれで子供をしかってはいけない理由

投稿日:

質問です。

あなたのお父さんお母さんは、
あなたに気まぐれにご褒美をくれたり、
そのときそのときの気分で、
価値観を押し付けたりする人でしたか?

うちの親は、かなり価値観を押し付ける人ですが、
気まぐれではなかったな、と感じてます。

この、『気まぐれ』というのがクセモノで、
子供はちゃんと、「親が気まぐれでモノ言ってる」
というのがわかるんですね(無意識的に、ですが)

たとえば、チョコレート。

子供がいつもチョコを食べてて、たまたま親が
テレビを見てて、虫歯のおそろしさを
伝える番組を見たとします。

で、急に、「あんた、永久歯が生えてきたんだから、
チョコレート食べるのやめなさい」
と言うとします。

すると、「いつでもチョコレートが食べられる」
と思ってた子供は、反発心が芽生えて
チョコレートに執着します。

なので、言うことを聞きませんし、
やめさせることにかなりの困難を伴います。

これを常に監視して、禁止を強制したりすると、
親に隠れて、チョコを食べるようになったり、
一人暮らしをはじめてから、際限なく食べて
激太りするようになるのです。

この執着心は、北海道限定チョコを
北海道で見かけたときより、はるかにつよいものです。

そもそも途中から禁止するなら、最初から子供に、
チョコレートを買い与えないルールに
しておいたほうがいいのです。

でも安心してください。
私たち親は、『カンペキな規則主義者』に
なる必要はないのです。

体育でサッカーして、つかれた子が
コンビニでチョコを買い食いしたからと言って、
『甘いものが体をダメにする』という規則を
破ったわけではありませんよね。

子供への教育が『チョコを食べ過ぎたら虫歯になる』、
だったら、「食べすぎはこのくらいだな」
という量を親が想像して、親なりに気をつけておけば
いいのです。

それよりも、親が気まぐれで子供に禁止を強制し、
それで子供が不自由さを感じて反発心を持ってしまい、
冷静でいられなくなって、心の中のものさしが
おかしくなったまま育つことのほうが問題なのです。

次回は、『オークションで高値入札してしまう心理』
についてお話をします。

Sponsored Link(楽天)


Sponsored Link(楽天)


-未分類

Copyright© あいだけん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.